のらりくらり、崖っぷち。 mnu000.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

狭いアパートでゆったり、のんびり…。気づけばもうアラフォー。お金もないけど、旦那さんもいない。そんな崖っぷち女の日常。


by m-n-u
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2018年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧


平成最後の夏。


電車の中で、ヤギのことを思い出しニヤついてしまった。
あれは、数年前…

ある保育園を見学に行き、飼っているヤギを見せていただいた。真っ白なヤギ氏。
子ども達がお世話を進んでやっているという。

「あなたはヤギの目を見たことがありますか」
 
ヤギ氏を撫でながら懸命に説明してくれる。
ヤギ氏はフ◯をボロボロしている。
そしてあの目。

上司と同期の若い男の子と私の3人で見学。

皆がヤギのフ◯と目に釘付け。

一生懸命説明してくれる保育園の方。

『わ~、ヤギってかわいいんですね~☆』

誰かが言わなきゃいけなかった。
元、販売員。率先してヤギを誉めた。
本当は『こわい』って思っているのに。

帰りの車中。
「ヤギ、すごいフ◯してましたね」(同期の男の子)
「目が怖い…」(上司) 
「Mさん、かわいいって言いましたよね」(同期の男の子) 
『言わざるを得ない状況だったからね』  
「僕はかわいいとは思わなかったので黙りました。Mさんとは違って嘘はついていません」(同期の男の子) 

お調子者は辛いと思った出来事。

そんな同期の男の子は私に突然「僕はSなのかMなのか」と相談されたことがありました。知りたいから風俗に行きたいとの事で『そこまで真剣に悩むなら行ってプロに判断してもらった方がいい』と私は風俗を勧め、後日体験したことを赤裸々に語ってくれました。

とても真面目な男でした。

そんな事を思い出した平成最後の夏。
ヤギの目はこえ~よ。

毎日、暑かった。
c0250116_19373928.jpg
 実家で引っこ抜いてもらった紫蘇でジュース。
炭酸で割って毎日飲んだ。りんご酢入り。
家に着いたらまずこいつをイッキ飲みして生き返った。
c0250116_19383401.jpg

麦茶の旨さを再確認した。面倒だけど煮出したのは旨い。
c0250116_19392701.jpg

蚊は少ないとは言え、網戸のない我がボロアパートで活躍した蚊取り線香。線香も入れ物も100均。
c0250116_19415901.jpg

風鈴を何度も見に行った。一人で。
c0250116_19424528.jpg
c0250116_19430007.jpg

風鈴の音は迷惑なんて話もあるけど 私は好きです。
c0250116_19442488.jpg

夏の終わりは虹をたくさん見た。
きっと良いことがあると信じて。

以上、私の平成最後の夏でした。

このブログ年に4回になったりして。
だって、何にも書くことがない位地味な毎日。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ



[PR]
by m-n-u-000 | 2018-09-04 20:10